有料テーマ「Precious」のインストール方法

ホームページ制作

有料テーマ「Precious」をインストールする

ホームページ制作講座で使用した有料テーマ「Precious」は、WordPressのテーマ専門のデザイン会社TCDさんの製品です。
講座ではファイルをお渡しすることはできないため、テーマのバージョンアップがあっても、更新することができません。
テーマがバージョンアップされた場合に更新マークが表示されるため、気になる方、バージョンアップしたい方は、有料テーマ「Precious」を購入することをお勧めします。
ここでは、有料テーマ「Precious」の購入方法とインストール方法をご紹介します。

有料テーマ「Precious」

WordPressでホームページやブログを作る場合、テーマ(サイトの枠組みを決めるテンプレートのこと)を決める必要があります。
サーバーにWordPressをインストールすると、自動的に無料テーマがインストールされ、設定されます。
これを自分の好きなテーマに変更し、設定するのが、今回の作業内容です。

有料テーマの良さは、なんといっても使い勝手の良さと、内部構造がSEO対策されていて、検索順位が上がりやすいところです。
講座で使用している有料テーマ「Precious」は、WordPressのテーマ専門のデザイン会社TCDが開発販売しているものです。
講座参加者からも好評で、使いやすく、検索順位が上がりやすいことも実証されています。

有料テーマ「Precious」は、次のバナーをクリックすると、購入画面が開きます。
デモサイトや機能一覧も掲載されていますので、購入前にご覧ください。
↓↓↓

 

テーマのインストールと設定

テーマを購入すると、ZIPファイルがダウンロードされます。
このダウンロードしたファイルをそのまま使用して、インストールします。

テーマをインストールしたり、変更するには、「外観」の「テーマ」をクリックします。

ここには、現在インストールされているテーマが表示されます。
WordPressをインストールした際に、いくつかの無料テーマが自動的にインストールされます。

ここで「有効」と表示されているのが、現在設定されているテーマです。
左上に表示されるので、分かりやすいと思います。

インストールされているテーマに変更するのは簡単で、設定したいテーマの「有効化」ボタンをクリックするだけです。

購入したテーマをインストールする場合は、「新しいテーマを追加」をクリックします。

次に「テーマのアップロード」ボタンをクリックします。

「ファイルを選択」ボタンをクリックします。

ダウンロードした有料テーマのファイルをクリックし、「開く」ボタンをクリックします。

下の赤枠のように、インストールするテーマのファイル名が表示されます。

「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了すると、次のような画面が現れます。
「有効化」をクリックします。

有料テーマ「Precious」がインストールされ、テーマとして設定(有効化)されました。

 

関連記事一覧